借金バレが怖い人は必見!在籍確認を回避できる可能性が高いカードローンの紹介

消費者金融や銀行のカードローン審査で必須項目と言われる在籍確認は、普段収入を稼いでる職場に電話を掛け、文字通り申込者本人の勤務を確認する作業です。

ただカードローン審査における在籍確認は、職場に借金バレするキッカケにもなり得るので、なるべく回避して契約に漕ぎ付けたいと思う人が大半です。

実際に、在籍確認を回避して契約できるカードローンは非常に少ないですが存在します。
ちなみに在籍確認を回避して審査に通りやすい人は、安定雇用の公務員や企業上層部の管理職や幹部、勤続年数が10年以上のサラリーマンなどで、貯金が豊富で返済事故のリスクが一番少ない属性の人です。

ただ、それ以外の属性の人でもモビットや三菱東京UFJ銀行など在籍確認を回避できる可能性が高い会社に申し込む事で、職場への電話連絡をストップできる可能性があります。

特にモビットは、社会保険証を持つ正社員の人なら収入証明書と指定の銀行口座を用意する事で、在籍確認は省いてカードローン契約を可能としている唯一の貸金業者です。
三菱東京UFJ銀行も、「必要があると判断した場合は会社に問い合わせる」とカードローンの規約に記載してるので、必ずしも在籍確認が実施されるとは限りません。

しかしカードローン申込が全くの初めての場合は、個人情報機関に記録されている過去の返済実績が殆どないので、在籍確認は基本的に行われると考えておいたほうがいいでしょう。

実際の在籍確認の内容は、名前の確認だけに留まるケースが多く、所要時間も1分掛かるか掛からないほどの速さで終わります。
それでも在籍確認で借金バレが怖い時は、同僚や上司が多く席を空ける時間に電話を掛けてもらえないか?カードローン会社に前もって打診してみましょう。
また借り入れが家族などにバレるきっかけのひとつが郵送物です。カードローン郵送なしで手続きができる会社もありますので、チェックしておきましょう。
特に大手の会社は利用者のプライバシーには充分に注意していますので、安心して利用する事が出来ます。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ